冷え性の改善やダイエットにもなります。


目指せスッキリ!効果のある便秘解消法!

自然なお通じを得るための様々な方法を紹介しています!
 TOP>「うっかり冷え」をなくして便秘解消

「うっかり冷え」をなくして便秘解消

生活習慣を見直して体を温かく保つ

便秘の原因となる「冷え」。特に、暖かくしたり、冷えないように機をつけているのに冷える時は、生活の中の「うっかり冷え」が原因かも。冷えの原因になる行動を取り除くだけでも、冷え予防につながります。

・汗取り用のインナーを身につける
・締め付けの強い下着を止める
・手足よりも首のしっぽを温める
・腹巻きでお腹の冷えを予防
・汗をかいたままにしない

汗取り用のインナーを身につける
季節を問わず、いきなり素肌の上にシャツやブラウスを着ると冷えにつながります。通気性・吸湿性に優れたインナーを一枚重ねるだけで、空気や汗から肌を守り、冷えを防止できます。薄手の機能性インナーなどを上手に使えば、着ぶくれも気になりません。

締め付けの強い下着を止める
合わないボディスーツ、ブラジャー、ガードルは、体の絞めつけて血行が悪くなる原因になります。窮屈なまま長時間すごすと、むくみや肩コリ、腹痛の他、腸を圧迫して便秘の原因になります。

下着のサイズや強度を確認し、自宅ではリラックスした格好で体をゆるめるようにするなど、体の締め付けを続けないようにしましょう。

手足よりも首のしっぽを温める
首のしっぽとは、首の付け根にあるコリッとした骨のこと。人の体の温度調節機能を司る部分で、ココが冷えれば寒くなり、ココが温まれば暖かくなります。体が冷えて辛い時は、まずはここが冷えていないかどうかチェック。冬場は特にマフラーやストール、ハイネックの服などで首を冷やさないように気をつけましょう。

腹巻きでお腹の冷えを予防
寝ている間は寝返りで意外と体が動きます。パジャマや寝る時の服装はゆったりしたものが多いため、意外とお腹が冷えやすいものです。

下着の上に腹巻きをつけて寝ることで、お腹のうっかり冷えを予防できます。最近は可愛い色柄や薄手の「ボディウォーマー」も人気です。

汗をかいたままにしない
汗をかいたままの服をそのままにしていると一気に冷えの原因になります。着替えられるときは素早く乾いた服に着替え、着替えが難しい時はこまめに汗を拭くことが重要です。

冷え性は体質だから…という人もいますが、多くの冷えは工夫次第でかなり改善できるものです。冷えないようにするには、体が冷える前にこまめに動くこと。冷えからも便秘を改善していきましょう。

★ ★ ★

◆予防

運動を習慣にすると便秘の予防になる
アロマの香りでリラックスすることも便秘解消には大切
便秘予防にオススメの食事・サプリメント
「うっかり冷え」をなくして便秘解消
便秘の予防のために体と心のストレスを減らす

★ ★ ★




■MENU■