自分の便秘がどれに分類されるのかを把握しよう!


目指せスッキリ!効果のある便秘解消法!

自然なお通じを得るための様々な方法を紹介しています!
 TOP>様々な便秘の種類を知って対策を練ろう

様々な便秘の種類を知って対策を練ろう

便秘の種類

一口に便秘といっても、便秘にはさまざまな種類があります。自分の便秘を解決するためにも、便秘の種類について見ていきましょう。

「器官性」と「機能性」
便秘には大きく分けて2つのタイプがあります。

・「機能性便秘」…腸の働きや機能が悪くなって起こる
・「器質性便秘」…腸に障害が起きて腸が狭くなって起こる

多くの慢性的なものは「機能性便秘」になります。その中でも、症状と原因によって細かく分かれています。

器質性の便秘は大腸ガンや腸閉塞、潰瘍などの病気によって起こるもので、自分で解決できるものでないケースがほとんどです。強い痛みや血便を伴うため、病院で診察を受け治療する必要があります。

機能性の3つの種類
こちらはさらに3つのタイプに分類されます。

・弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
・痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
・直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
最も多いタイプです。食事の量や食物繊維の不足、運動不足、加齢や産後の腹筋力の低下などが主な原因です。腸への刺激が足らないため、蠕動運動が弱り、便秘になります。便の量が少なく、硬くなることが多いです。

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
緊張や不安などの精神的なストレスや、過敏性大腸炎症候群、自律神経失調に伴うものです。大腸が緊張しすぎて収縮し、便の移動がスムーズさを失った状態です。便の量は少なく固めで、うさぎの糞のようにコロコロとする場合もあります。

直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)
便を排泄する直腸圧力がうまく働かないために起こります。もよおしたのにトイレのタイミングを逃す、安心してトイレが出来ない環境など、「トイレに行きたくても行けない」状況が重なると起こりやすい便秘です。また、下剤や浣腸の使い過ぎで直腸の感度が下がっても起こることがあります。硬い便が特徴です。

原因によってはこれらのタイプが複雑に組み合わさって、頑固な便秘になることもあります。思い当たる原因や症状と合わせて、対策を行なっていきましょう。

★ ★ ★

◆基礎知識

便秘の種類
大腸の仕組み
あなたの便秘チェック!
2種類ある便秘薬の効果の違い
★ ★ ★




■MENU■