精神的なことが原因で便秘にならないために


目指せスッキリ!効果のある便秘解消法!

自然なお通じを得るための様々な方法を紹介しています!
 TOP>便秘の予防のために体と心のストレスを減らす

便秘の予防のために体と心のストレスを減らす

生理的・心理的な緊張状態を避ける

ストレスの仕組み
弾力のあるボールを押すと凹みますがその内元に戻ります。人の体や心にもこのような「ストレスを受けても元に戻る仕組み」があり、これを「ホメオスタシス(恒常性)」と呼びます。

ホメオスタシスの働きがきちんと機能すれば、落ち込みや不安を感じても立ち直ることが出来るのです。

しかし、強い力が長時間かかれば凹みが元に戻らなくなったり、戻るのに時間がかかったりします。強いストレスや長期間のストレスが問題なのは、ホメオスタシスのバランスを崩してしまうからです。体がストレスを感じつづければ体調不良を起こしますし、心がストレスを受けすぎればうつ病や不安障害などにつながります。

体にかかる「生理的ストレス」 ストレスには体に負担となってくる「生理的ストレス」と、怒りや不安などから精神的な影響を及ぼす「心理的ストレス」があります。どちらのストレスを感じすぎても、体や心の不調につながります。

・暑さ・寒さなどの気温・湿度の変化
・眩しい、暗いなどの光の刺激
・騒音などの音の刺激
・放射線や紫外線などの有害な刺激
・食事や睡眠など生命維持に関わるもの

生活のリズムが整わないとストレスになるのは、体が正常に働けないからとも言えます。食事の時間が不規則だったり、慢性的に寝不足だったりすると知らず知らずのうちに体にストレスフルな状態となり、便秘をはじめ、様々な体調不良を引き起こします。

便秘がストレスと関係しやすいのは、体の機能を調節する自律神経との関わりが深いためです。自律神経は乱れやすく、特に生活のリズムが崩れると自律神経失調症となり、便秘や腹痛の原因となります。

生活が体を振り回さないように、ストレスを見直し、体がリズムよく生活できるよう整えていきたいですね。

心理的なストレスを受け流す
落ち込んだり、イライラしたり、不安になったり。私たちの心は様々な変化を起こします。「ストレス=悪いもの」というイメージですが、ストレスを感じなければ向上や改善を図ることは出来ません。

特に痙攣性便秘や、過敏性腸症候群を起こしがちな人は神経が細やかで真面目な人が多く、ストレスにも真正面から取り組みがちです。しかし、一つ一つのストレスに真剣に向き合い続ければ、体も心も疲れはててしまいます。

ストレスには良い意味での適当さが必要です。とにかく笑えるマンガを読む、趣味の時間に没頭する、何も考えずに空を眺めるなど、意識して「力を抜く」時間を作ってみましょう。

ストレスそのものをなくしたり、感じなくすることは難しいことですが、ストレスを上手に受け流し、気にならないようにすることは出来ます。こだわりや気になる部分から目を逸らし、周りの風景を楽しんでみましょう。気になっていたことへのこだわりが薄れ、結果的にストレスがストレスでなくなることが、一番のストレス解消法です。

★ ★ ★

◆予防

運動を習慣にすると便秘の予防になる
アロマの香りでリラックスすることも便秘解消には大切
便秘予防にオススメの食事・サプリメント
「うっかり冷え」をなくして便秘解消
便秘の予防のために体と心のストレスを減らす

★ ★ ★




■MENU■