生理や妊娠、女性ホルモンと便秘との関係について


目指せスッキリ!効果のある便秘解消法!

自然なお通じを得るための様々な方法を紹介しています!
 TOP>女性が便秘になりやすい理由

女性が便秘になりやすい理由

プロゲステロンの働きに要注目

日本人女性の2人に1人は便秘の症状があると言われています。なぜ、女性はなりやすいのでしょうか?その理由を見てみましょう。

・男性に比べて腹筋が弱い
・女性特有の生理周期とホルモンバランスの影響
・妊娠出産でホルモンバランスや体質が変化しやすい

女性が便秘がちな理由は、体の仕組みから来る部分も大きいことがわかります。

生理
生理周期の影響で、ホルモンバランスが切り替わり様々な症状が体に現れます。生理前に便秘がちになるのは、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の働きによるものです。黄体ホルモンは排卵後から生理までの間に分泌されます。黄体ホルモンが働き始めると、体温の上昇や胸の張り、皮脂の分泌などが活発になります。また、苛立ちや焦り、不安感が強くなる傾向もあります。

生理前の便秘が起こるのも黄体ホルモンの働きが多く関わっていると考えられています。これは自然なことなので、あまり気にする必要はありません。

もし気になる時は、なるべく水分を多く摂るようにすること、ヨーグルトや食物繊維の多い食事を心がけること、リラックスして緊張を取り、体と心を和らげるようにすることがポイントです。

妊娠中の便秘
妊娠すると黄体ホルモンの分泌が盛んになり、腸の動きが低下しがちになります。お腹の赤ちゃんが大きくなると、子宮が腸を圧迫し、動きづらくなります。

もともと便秘体質の人は、妊娠出産で頑固な便秘になりやすい傾向があります。さらにそこから痔になるなど、悪化するケースも。妊娠中のお通じには特に注意が必要です。

漢方薬など一般的には優しいと言われる薬でも、流産や早産を促す効果が含まれる場合もあります。また、無理やりいきむと切迫早産につながることもあるので注意が必要です。

お腹の赤ちゃんへの影響も考え、便秘薬や下剤を使いたいときは必ず医師に相談し、安心して使えるものを使用しましょう。出産後体のリズムが落ち着けば改善していくので、気にしすぎるのはNGです。

★ ★ ★

◆症状

便秘に潜む色々な病気
女性がなりやすい理由
ダイエットとの関係
過敏性腸症候群とは
便秘薬依存症になっていませんか?
★ ★ ★




■MENU■