意外と怖い便秘薬依存による症状の悪化


目指せスッキリ!効果のある便秘解消法!

自然なお通じを得るための様々な方法を紹介しています!
 TOP>便秘薬依存症は排便する力を弱くする

便秘薬依存症は排便する力を弱くする

薬に頼らないとトイレにいけない!

どうしてもお通じがない時、頼る便秘薬。出ればスッキリするからと、下剤を使い続けていませんか?実は効果や効き目の速さによって、様々な副作用があるんです。薬と上手に付き合うためにも、便秘薬について知りましょう。

◆種類

効き目が早いもの…峻下剤
短時間で一気にお通じを呼び起こし、便通を良くします。そのかわり腹痛や下痢が起きやすい、刺激の強さが気になります。

効き目が緩やかなもの…緩下剤
比較的緩やかにお通じを起こすものが緩下剤です。腸を刺激して便通を促す「大腸刺激下剤」と、浸透圧で腸内の水分を便意行き渡らせる「塩類下剤」、水分を吸収して膨れ、便の量を増やして排泄させる「膨満性下剤」があります。

直接腸を刺激する…浣腸
肛門から直接腸を刺激し、お通じを促すのが浣腸です。出したいタイミングにすぐ効き、飲み薬が使えない子どもやお年寄りでも利用できます。

お腹の調子を整える…整腸剤
乳酸菌や酵母の力で腸内環境を整える働きがあります。直接を解消できるわけではありませんが、腸内バランスを整え、予防に役立ちます。


◆副作用

・腹痛や下痢、吐き気を起こす
・カリウムが失われ筋力が低下する(塩類下剤の場合)
・下剤の刺激がないと排便できなくなる
・腸管粘膜の炎症や病気になりやすくなる

便秘薬を使い続けると、自分の力で排便する力が弱まり、腸の機能が低下します。長期間成分が腸を刺激すると、腸管粘膜の炎症や病気も心配です。

また、薬の力で不自然にお通じを引き起こすため、腹痛や下痢、吐き気などのつらい症状を伴うこともあります。

塩類下剤の場合は体の浸透圧のバランスを崩すため、カリウムが不足します。体全体の筋力低下にもつながり、老化や太りやすい体質を招きます。

依存症の恐怖は、便秘薬の量や回数を増やさないとお通じが起こらなくなるため、どんどんとエスカレートし、重度の便秘を引き起こす危険があることです。薬や下剤は必要な時のみに止め、他の原因から便秘を解消して行きましょう。

★ ★ ★

◆症状

便秘に潜む色々な病気
女性がなりやすい理由
ダイエットとの関係
過敏性腸症候群とは
便秘薬依存症になっていませんか?
★ ★ ★




■MENU■