ビフィズス菌の効果と腸内環境について


目指せスッキリ!効果のある便秘解消法!

自然なお通じを得るための様々な方法を紹介しています!
 TOP>乳酸菌と発酵食品で腸内バランスを正常化!

乳酸菌と発酵食品で腸内バランスを正常化!

便秘解消に乳酸菌、ビフィズス菌

人の腸内には、約100種類、約100兆個以上の腸内細菌が生息しています。腸内細菌たちは人の食べたものを元に生活し、腸に様々な影響を及ぼします。

そんな中、人の腸によい働きをする細菌を「善玉菌」、悪影響を及ぼすものを「悪玉菌」と区別しています。便秘やおならのニオイが気になる時は、悪玉菌の勢力が強まり、腸内環境が乱れていることも一因です。

腸内環境を整える乳酸菌
善玉菌の代表格とも言えるのが乳酸菌です。乳酸菌とは乳酸を作り出す細菌の総称なので、特定の菌を指すわけではありません。乳酸菌を使った乳酸発酵食品と呼ばれるものにキムチ、チーズ、納豆、ミソ、漬物などがあります。

乳酸菌の働きは主に3つ
・大腸のぜん動運動を活発にする
・便の水分量をコントロールする
・食物繊維を元に増殖する

乳酸菌をしっかりと摂り、体の中から腸の働きを元気にしていきたいですね。

ヨーグルトとビフィズス菌
お腹に良いと言われるヨーグルトにたっぷりと含まれるのがビフィズス菌です。ビフィズス菌は乳酸菌の働きに加え、食物繊維やオリゴ糖など消化液で消化できないものを分解します。体の免疫力を高める効果もあり、花粉症などのアレルギー治療にも効果が期待されています。

ビフィズス菌の弱点は酸に弱いこと。そのため、生きたまま腸に届けられるよう、胃酸にも耐えられるビフィズス菌を摂ることがポイントです。高生存ビフィズス菌を配合したヨーグルトや、生きたまま長まで届くバイオプロティクス製品を選ぶことで、高い効果が期待できます。

ビフィズス菌をサポートするオリゴ糖
オリゴ糖は糖類の分類にありながら、人間の消化酵素で消化しづらいため、カロリーになりにくい糖分として有名です。玉ねぎや大豆、にんにくなどの食品に含まれる他、バナナやはちみつにもオリゴ糖が豊富です。人工的につくられたオリゴ糖も、低カロリー甘味料として知られています。

オリゴ糖はビフィズス菌の大好物なので、オリゴ糖を摂るとビフィズス菌の働きが活発になり、腸内の善玉菌が働きます。ヨーグルトにはちみつをかけて食べるのはオススメの組み合わせです。腸内環境を意識して、便秘改善を目指しましょう。

★ ★ ★

◆解消法

水分をとって便秘解消!
便秘解消にオススメのレシピ
発酵食品で腸内バランスを正常化!
冷えない体を作るリンパマッサージ
便秘に効くツボ・マッサージ
ハーブの力で自然なお通じ
★ ★ ★




■MENU■