自分の便秘の状態を知るためのチェック項目


目指せスッキリ!効果のある便秘解消法!

自然なお通じを得るための様々な方法を紹介しています!
 TOP>自分の便秘の種類とタイプをチェックしよう!

自分の便秘の種類とタイプをチェックしよう!

あなたの便秘チェック!

それでは具体的な便秘のチェックをしていきましょう。どのタイプにも共通する特徴と、機能性便秘の中の3つのタイプで特に目立つ症状をそれぞれ挙げてみます。

どのタイプにも共通する症状
・トイレでは力を入れて頑張らないと便がでない
・便が固く、コロコロしている
・便の量が少ない

トイレでの時間が長い、力いっぱい力まないと排便できない。この症状が気になる場合は便秘です。便の水分が少ないため、腸内でスムーズに動かず、固いことが原因です。

弛緩性便秘タイプ
・お腹ポッコリが気になる
・朝食を抜くことが多い
・水分をあまり摂らない
・運動不足だ
・食事制限をするダイエットをしている
・野菜や果物をあまり食べない
・肉や脂っぽいものをよく食べる
・おならのニオイが気になる

多くの便秘はこのタイプに分類されます。朝食や水分は腸を刺激する大切な働きがありますが、この刺激が弱いと腸の動きが鈍ります。また、腹筋が弱いと便を押し出すことが出来ず、お腹に溜まりがちに。

肉類や脂っぽいものは腸内でニオイのもととなる毒素を多く出し、お腹ポッコリや臭さの原因になります。食物繊維が少ないと、便の量が不足したり、腸をしっかりと掃除することが出来ず、腸内環境が悪化します。

痙攣性便秘タイプ
・環境が変わると出なくなる
・お腹が張って苦しい
・腹痛がある
・緊張やストレスでつかれ気味
・生活のリズムが不規則だ

過敏性大腸炎症候群や自律神経失調を伴う症状です。緊張や不安から腸が硬くなってしまい、腹痛やお腹の張りも気になります。このままにしておくと、他の体の不調を引き起こす可能性もあります。

解消を目指すと同時に、精神的なストレスや不安感を取り除くための、リラックス方法を見つけましょう。

直腸型便秘
・忙しくトイレに行けないことが多い
・催しても我慢してしまいタイミングを逃しやすい
・便秘薬や浣腸がないと不安になる

下剤や浣腸の刺激に慣れてしまい、直腸の感度が衰えているタイプです。自分の体から生まれる刺激以外の方法に慣れてしまうと、便秘薬がないと排便できない「依存症」にもなりかねません。

少しずつ自分本来の力で排便する習慣を取り戻しましょう。

★ ★ ★

◆基礎知識

便秘の種類
大腸の仕組み
あなたの便秘チェック!
2種類ある便秘薬の効果の違い
★ ★ ★




■MENU■